福岡の行政書士加藤清正です。福岡県行政書士会会員。当事務所は相続・暮らしの問題や、債権債務など、相談に親身に丁寧に対応します。

行政書士:加藤清正事務所

メイン

中小・零細企業の相談事例

リスケジュールー中小零細企業の経営(1)

最近特に中小、零細企業の経営者の方々から、よくご相談を受けます。
今日も地場の建設会社の社長が相談にお見えになりました。
公共工事の減少、元請けの倒産や支払条件の悪化により資金繰り
がまわらなくなっているのです。
人件費や下請労賃、材料代などは なかなかカットできませんから
どうしても銀行返済が遅れがちになります。
そうすると銀行の担当者から、保証協会に事故発生の報告をしますよ、
と脅されます。結局利息の高いノンバンクから借りてきて、銀行や
その他の支払いをすませるようなことになってしまいます。
そうなると、有名な日栄(現 ロプロ)や、商工ファンド(現 SFCG)などに
頼らざるを得ないのですが、しかしノンバンクも、いまや人に金を貸すどころ
ではありません。
運転資金も足りない、手形は回ってくる、銀行は金を貸さない・・・
どうしたらよいか わからなくなってしまった・・・

そのような場合、私は、まず経営計画を見直すことは勿論ですが、その
上で借入金の返済見直しーいわゆるリスケジュールを断行することを
おすすめしています。
借金ーそれは、究極的には 借りた者が勝ちだ・・・そう思って、勇気を
もって銀行やクレジット会社と交渉しましょう。

もっと詳しいお話しは、また次の機会に・・・