福岡の行政書士加藤清正です。福岡県行政書士会会員。当事務所は相続・暮らしの問題や、債権債務など、相談に親身に丁寧に対応します。

行政書士:加藤清正事務所

« 相続 印鑑がもらえないⅡ 住居表示と登記上の所在地 | メイン | 自分でできるか 相続放棄  »

相続放棄  そこが聞きたい

行政書士加藤清正事務所 福岡

相続放棄 『そこが聞きたい』

相続放棄について よくお尋ねをいただきます。相続放棄は相続開始
後3ヶ月以内に相続が開始された場所を管轄する家庭裁判所に申し述
べること・・・つまりこれを相続放棄の申述、というのですが、そのこと
については みなさんは大体御存知のようですので、今日は、実際に
相続放棄の申述を行う場合に必要となる基本や書類について、簡単に
まとめてみましょう。

① どこに書類を提出するか

  なくなられた方の住居地を管轄する家庭裁判所です。
  申し立てる方の住居地の家庭裁判所ではありません。

② どんな書類が必要か

  基本的に なくなられた方とご自分との関係を証明する戸籍記録です

* なくなられた方の戸籍謄本と住民票
* ご自分の戸籍謄本と住民票

③ なぜ相続放棄を行うかの理由を説明する必要があります

  正確な資料やデータまではいりませんが、相続財産より債務の方が
  多いから、或いは 相続する意思がないから など 合理的な説明が
  できる程度には 把握しておきましょう。財産、債務の状況も わかる
  限り 把握しましょう。でも わからなければ それはそれで 大丈夫
  です。

④ そして、「相続放棄の申述書」という書類ですが、これは家庭裁判所に
  行けば 相談に乗ってくれます。

なくなられた方が配偶者や親ではない場合には、戸籍記録も多少ややこ
しくなることもありますが、基本は一緒です。

被相続人死亡後3ヶ月を過ぎてから申述をする場合などには、他にいろ
いろな書類が必要になる場合が多いのですが、基本はこのようなところ
です。
わからないところがあれば、お気軽にお尋ね下さいね。
では又・・・

by 加藤清正(清允)でした。

筆者プロフィール

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)