福岡の行政書士加藤清正です。福岡県行政書士会会員。当事務所は相続・暮らしの問題や、債権債務など、相談に親身に丁寧に対応します。

行政書士:加藤清正事務所

メイン

2010年11月

 相続 母が残してくれた思い

行政書士加藤清正事務所

「相続」 母が残してくれた思い

幼い頃父母が離婚し、私は母がいつ亡くなったのか、いまも
知りません。日頃から相続手続きで人様のお世話をしていま
すから、調べればわかるのでしょうか、紺屋の白袴 というか
自分のことは後回しです。
そんな母の思い出話があります。

何時の頃だったか、もう何十年も昔、母の実家から顔も知ら
ない親族が私を訪ねてきました。母が残した実家の不動産が
あるのだが、売却処分する必要があり、書類に署名捺印して
ほしい、ということでした。

私の貧乏は、今や知る人ぞ知るところですが、当時は多少の
財産もあり、人に頼まれれば 何でも イヤとは言えない性格
ですから、もちろん すぐに書類を書いて、実印も 印鑑証明
書も お渡ししたのですが、今 自分が相続手続で人様のお
手伝いをさせていただく立場になって考えてみますと、当時
なくなった母が残してくれた不動産には、離婚して別れ別れ
になった子供(つまり 私 )の将来のためを思う母の真心が
こもっていたのだと思います。

別に財産に執着するわけではありませんが、亡き母の真心
に対して一片の思いもなく 書類にハンコを押してしまった
軽率さが悔やまれてなりません。

今 日々の仕事の中で大切にしたいのは、人と人の「思い」
です。亡くなった方の思い、残された方々の思い、人生の曲
がり角で悩み、苦しむ方々の思い・・・

先日、NHKのプロフェッショナルに登場された弁護士の村松
謙一先生にお目にかかる機会があり、村松先生の依頼者に
対する「思い」には あらためて感動いたしました。私も、村松
先生には遠く及びませんが、「思い」を大切に、仕事をしてゆき
たいと思います。

筆者プロフィール