福岡の行政書士加藤清正です。福岡県行政書士会会員。当事務所は相続・暮らしの問題や、債権債務など、相談に親身に丁寧に対応します。

行政書士:加藤清正事務所

« 恋に恋する | メイン | この人を忘れない »

相続放棄 なんでも相談

行政書士加藤清正事務所 福岡

相続放棄について その1

相続手続のなかでも 特に大切な「相続放棄」について
すこしお話ししたいと思います。

相続手続のなかで よくあることですが、不動産をだれか
特定の相続人(例えば長男)がすべて相続するので、あなたは
放棄してください、借金もこちらで手続します・・・などと言われ、
書類にハンコを押して、印鑑証明書をつけて お世話をされる方
に渡したから、財産も借金も、自分には関係ない・・・
というケースがあります。

しかし、いわゆる財産はお互いの話し合いで、どのような分割
方法でもできますが、借金=マイナスの相続財産は相続人の間
でお互いに取り決めをしても、それは何の意味も持たないのです。

このような場合に登場するのが、いわゆる「相続放棄」なのです。
この「相続放棄」は 相続が開始されてから3ヶ月以内に、家庭
裁判所に 私は相続を放棄します、という申し出をしなければな
りません。この手続を「相続放棄の申述」といいます。


では、どうやって、どこの家庭裁判所に 何を出すのか ?
相続が開始されて3ヶ月以内 とは 一体どういう意味か・・・?

このお話しは 少し長くなりますので、何回かに亘って ご説明
します。
私が経験した実際の体験も お話し致しましょう(前にもお話し
したことがありますが・・・)。

筆者プロフィール

コメント (1)

カウTV/篠原まきえ:

加藤先生、いつもお世話になっています。
相続に関する「お悩み相談番組」でも先生のご説明や解説は非常に分かりやすく、すんなり理解をすることができます!本日もよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)