福岡の行政書士加藤清正です。福岡県行政書士会会員。当事務所は相続・暮らしの問題や、債権債務など、相談に親身に丁寧に対応します。

行政書士:加藤清正事務所

« 遺産分割協議顛末 大阪・奈良 | メイン | 「氏」や「名」の変更ー家庭裁判所手続(1) »

遺産分割驚異気 大阪奈良(2)

行政書士加藤清正事務所(福岡)

JRに乗り込み、奈良駅から再びバックして法隆寺駅に向かい、
タクシーに乗り換えて、法起寺を尋ねました。
修学旅行生や観光客でわきかえる法隆寺とは又ひと味もふた味も
違い、法起寺は観光客の姿もなく、「静謐」という言葉が相応しい
古刹です。ひとり飛鳥の昔にタイムスリップし、しばし現世の桎梏
を忘れたひとときでした。
法起寺から法隆寺までは斑鳩の長閑な風景を楽しみつつ散策・・・
と言いたいのですが、痛む足をひきづりつつ、3,40分ほどで
夢殿にたどり着きました。救世観音には感動したものの、実はレプ
リカだ、と聞いて、何となくありがたみが薄れてしまい残念。
ただ、法隆寺の裏手から夢殿に向かう路地、崩れかけた築地の角
に何気なく祀ってある小仏や民家の玄関に佇む石仏が素敵で、すば
らしい一日でした。

相続のお手伝いは、いつも こんなに素敵な一日になるとはかぎ
りませんが・・・。

筆者プロフィール

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)