福岡の行政書士加藤清正です。福岡県行政書士会会員。当事務所は相続・暮らしの問題や、債権債務など、相談に親身に丁寧に対応します。

行政書士:加藤清正事務所

メイン

2009年11月

法テラス さまざま

行政書士加藤清正事務所 福岡

鹿児島県は奄美の法テラスでは債務整理で弁護士が
裁判所からおしかりを受けたそうですが、ここ福岡でも
あまり良い評判は 聞きません。
一番よく言われるのは、相談者に不親切だ、という声
ですね。
私も、時折相談者に法テラスを紹介することがありま
すが、先日も、対応があまりにも事務的で、何も話す
気持ちになれなかった、といって、戻ってきた方がおら
れました。
その方には 別の先生をご紹介致しました。

以前には、法テラスに行った方が、白紙の自己破産
申立書を抱えて帰ってこられました。
その方の説明を聞きますと、法テラスで紹介された
弁護士事務所に伺ったところ、この書類(白紙の申
立書)を記入してもってきなさい、と言われた、とのこと
です。

簡単に一言ではいえませんが、一応は、申立書が
自分で記入できれば、そのまま裁判所に提出すれ
ば自己破産の申立ができるわけですから、私など
からいわせれば、何となく、弁護士事務所の「手抜
き」みたいな気がします。

奄美の問題といい、私が経験した問題といい、法テ
ラスが 真に市民の法律相談窓口として頼れる存在
になるための過渡期だということでしょう。私たちみ
んなが応援しなければいけないのだと思いますが、
やはり、弁護士や司法書士といった「先生」がたの
「目線」にも 問題があるといえるのではないでしょ
うか。

筆者プロフィール