福岡の行政書士加藤清正です。福岡県行政書士会会員。当事務所は相続・暮らしの問題や、債権債務など、相談に親身に丁寧に対応します。

行政書士:加藤清正事務所

« 裁判所風景 その6 | メイン | 民事法務 その9 »

行政書士とADR 雑感

民事法務雑感(1月3日)
地元の行政書士会ではADR論議が盛んです。
行政書士会がADR機関としての認定を受けることを目指して
若い行政書士ががんばっています。すばらしいことと思います。
先日、そんな連中と飲む機会がありました。
研修を兼ねて市民相談会を開くそうですが、相続や債務問題、
その他の法律相談には応じないこと、というお達しが『上』の
方からあったそうです。
相続や債務問題など、権利義務に関する問題は弁護士や
司法書士に相談するように、相談者にはアドバイスを行う、
とのことだそうです。
相談者の抱える悩みは、やはり相続とか離婚とか、お金の問題が
多いはずです。話だけ聞いて、弁護士にいけ、とか司法書士に
相談しろ、では、はたしていかがなものでしょう?
それが良いのか、悪いのか・・・、論議はあると思います。
しかし、いずれにせよ、
やはり行政書士という資格者は許認可の専業プロなのだ、
すくなくとも、行政書士会では、そう願っている・・・
と実感させられました。
行政書士がADRに参入するとして、やはり中心は許認可でしょうね。
司法書士が登記の専門であり、税理士が税務の専門であるのと同じですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)